求人 電話

電話で問い合わせや応募する時は

電話で募集先の会社に応募する場合や質問がある場合、いくつか気を付けておきたい注意点があります。

 

応募先の会社に電話で初めてコンタクトを取る場合は、顔が見えない分、より一層ハキハキと話し、言葉使いや言い回しには気を付けましょう。相手の会社側も「どんな人物なんだろう」と電話先で見極めようとしていますから。

 

問い合わせがある場合は事前にメモを取っておき、内容をハッキリさせておきましょう。応募する場合も応募動機などメモしておき、その場で答えが詰まるようなことは避けましょう。

 

電話での印象も強いので、相手にちゃんと聞こえるように大きめの声でハッキリとした口調で話すことが重要です。電話応対の基本的なマナーも当然おさえておく事が重要です。

 

 

電話をする時の必要事項

 

1. 掲載先の求人誌・求人サイトを開いておく。
2. メモ用紙、筆記用具を用意しておく。
3. 質問する場合は質問内容のメモ、応募の場合は応募動機などを書き出したメモ
4. 営業時間が載っている場合は必ず営業時間内に電話をする

 

 

 

こんな場合はどうする?というような具体的な例を挙げてみます。

 

電話の際の出だしの挨拶がわかりません

「お忙しいところ申し訳ございません。○○(求人情報サイトまたは求人誌等)を拝見してお電話させていただきました○○(自分の名前)と申します。採用のご担当者様はいらっしいますでしょうか?」
まずはファーストコンタクトは重要なのでハキハキと話しましょう。

 

電話で面接の日時を決める際の注意点は?

電話する前にあらかじめ直近の都合の良い日をメモしておきましょう。いつが良いか聞かれた時にはスラスラと言えた方が良いです。面接場所も具体的に聞き、メモを忘れずにしておきます。

 

どのように最後の挨拶をすれば良いですか?

「おいそがしいところ、ありがとうございました。○日の○時に伺いますので、どうぞよろしくお願い致します。失礼いたします。」最後にお礼も忘れずに、感謝を伝えましょう。

 

担当者が不在の場合はどうしたら良いですか?

電話したけれど、採用担当者が不在の場合もあるでしょう。その際は、担当者の都合が良い時間を聞き再度かけ直します。間違っても折り返し電話をもらう事はしないようにしてください。

 

以上のように電話での注意点を挙げていきましたが、元気良くハキハキと話していたら、ちょっとした失敗や言葉のつっかえなどは気にしなくて大丈夫です。まずは落ち着いて電話をするようにしましょう。