求人 履歴書

履歴書を作成の際に気を付ける事は?

求人への応募が完了したら次は履歴書を持って面接に行く事になりますね。人物像がわかってしまう履歴書の失敗しない作成の仕方をまとめました。

 

履歴書はその内容よりも書き方によって人物像がわかります。できるだけ丁寧に略さず記入しましょう。履歴書はコピーを使用する事はせず、提出する会社ごとに手書きで作成する事が大切です。

 

また、嘘の記載など事実ではないことは絶対に書いてはなりません。後々、大問題になりこともあります。

 

 

履歴書を作成するにあたって

 

1. 黒のボールペンで書く。(鉛筆、色つきのペンはNGです)
2. 間違えた場合は新しい履歴書に書きなおす。(修正ペンや二重線で書きなおすのはNG)
3. 嘘や偽りはNG
4. 提出先ごとに手書きで書く(コピーはNG)

 

 

次に具体的にそれぞれの注意点を見てみましょう

 

日付

提出する日付、生年月日、学歴の欄の年は統一しましょう。西暦なら全て西暦で書き、元号なら全て元号で書きます。その際は省略しては駄目です。

 

写真

きちんとした証明写真用の写真を貼ります。顔の正面の写真で帽子などかぶっている写真はNGです。だいたい3か月以内に撮影した写真が好ましいです。(スナップ写真やプリクラの写真はもちろんNGです)

 

学歴・職歴

まず、一行目の真ん中に「学歴」と記します。二行目から小学校卒業の順番に記入します。三行目は中学校卒業。
次の高校からは入学と卒業の年月を記入していきます。学部や学科などがある場合は正式に記入します。
(注意点:全て省略はしないで記入します。「同校卒業」などという記載はNGです。)

 

学歴が終了したら一行開けて、真ん中に「職歴」と記入します。
アルバイトは職歴や自己PRになるので、記載しましょう。(短じかいバイトは記入しなくて良いです)
職歴がない場合は「職歴」行の下に「なし」と記入します。

 

免許・資格

こちらは所持している場合は必ず記入しましょう。特に配送の仕事の場合は、自動車の免許を取得している旨を記載しないと採用にならないので気を付けてください。自動車免許は詳しく記入してください。

 

応募動機

こちらは必ず記入しないと駄目です。担当者は学歴よりも応募動機を重視する場合が少なくないので、キチンと書きましょう。
その会社の仕事内容に沿った応募動機が望ましいです。「何故、この仕事をしたいのか」を自分の長所と絡ませて記入するのが良いですよ。
ここで記入してはならないのは「給料が良いから」とか「楽そうだから」とか待遇に関する事は記入しない方が良いです。
応募動機は重要な部分なので、時間を掛けて考えましょう。自分が採用担当者だったら、と逆の立場で考えてみると答えが見えてきますよ。

 

 

履歴書は自分のネガティブな面を書いてもしょうがありません。自分のアピールポイントをしっかり伝わるように記入しましょう。