自動車免許証 種類

運転免許証の種類とは?

 

配送ドライバーの仕事をするには、「やる気」だけでは出来ません(笑)

 

ドライバーは車を使用するので、「自動車免許」の所持は不可欠ですよね。

 

配送の求人の条件で「普通免許でOK」とか「中型や大型免許のみ」などが記載されています。

 

こちらでは、厳密に自分の免許証だと、どの大きさの車まで乗って良いのかをまとめています。

 

 

普通自動車第一種免許

 

18歳以上で取得ができる一般的な普通自動車の免許で、「MT車」「AT車限定」に分かれています。

 

2007年以前に普通免許を取得している場合は、「中型車8t」も自動的に所持しているとみなされています。

 

この「中型車8t」は、車両の総重量が8t未満で、最大積載量が5t未満、定員が10以下の車両の事です。

 

またその他、普通自動車免許で運転ができる車は「小型特殊自動車」「原付自転車」になります。

 

 

中型自動車免許

 

2007年の道路交通法の改正以前にはなかった種類で、普通自動車と大型自動車の中間にあたる

 

区分で、普通・大型特殊免許の取得者(運転経験が2年以上)が中型免許を取得できます。

 

中型免許は車両重量が5t以上、11t未満で、最大積載量が3t以上6.5t未満で、

 

定員11人から29人以下の車両を運転する事が可能です。

 

また、中型自動車の区分の車両は具体的に

 

「旅客用マイクロバス(11人から29人以下の定員)」

 

「救急車」

 

「消防車」

 

「ゴミ収集車」

 

「宅配便用の自動車」

 

「保冷車や冷凍冷蔵車」

 

などが挙げられます。

 

 

大型自動車免許

 

2007年の道路交通法が改正されて中型免許が新設されたのに伴い、大型免許の条件も変更されました。

 

大型自動車第一種免許は、車両総重量は11000kg以上で最大積載量が6500kg以上、定員が30人以上

 

の車両を運転する事が可能な免許です。

 

大型免許は、教習所に通って技能卒業検定に合格するか、運転免許試験場で技能の試験を一発で

 

合格すれば取得が可能ですが、満21歳以上の普通自動車か大型特殊免許の取得者

 

(3年以上の運転の経験者)という条件があります。

 

また、大型自動車第二種免許は路線バスや観光バスを運転する場合に必要な免許になります。

 

配送ドライバーを目指しているあなた、大型免許を持っているとガッツリと働ける求人が多くなるので、

 

とっても有利な免許になりますよ。